2009年12月21日

宇宙を夢見て【4】太陽系の誕生

今から約数十億年前に大きなガスの固まりから銀河系が誕生し、その中で太陽が生まれました。

太陽は、当初原始太陽と呼ばれ、恒星としては、並の大きさの太陽を中心にガスやチリが太陽の周りに円盤状に取り囲んだ雲のような形でした。

やがて、ガスやチリでできた雲は、太陽の引力と遠心力のバランスから、各々がある軌道上に分布しました。

やがて各軌道上に分布したガスやチリは、衝突と結合を繰り返しながら、いくつかの固まりとなりました。

これらの固まりがやがて惑星となり、太陽系ができました。





posted by コスモターボ at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

宇宙を夢見て【3】膨張を続ける宇宙

前回、宇宙はビッグバンから始まったと書きましたが、今でもビッグバンは続いているのです。

つまり、今も宇宙は膨張を続けています。

それは、地球から離れた星ほど速いスピードで遠ざかっており、中には、光速度に近いスピードで遠ざかっている星もあります。


これは、あたかも地球を中心に拡がっているように見えます。

しかし、風船が膨らむ様子を思い浮かべるとわかりますが、風船が膨らときは、自分が風船の中心にいなくても、まわりの景色は自分からどんどん離れていきます。


これと同じように地球から見て周りの星は離れて行きますが、実際には、膨らみつつある風船の表面から拡がっていく宇宙を観測しているわけです。


宇宙の動きというのはとてもゆったりしていて、数十万年から数百万年単位で動きがあります。

そのために数百年後には星座の形も変わって来ますが、私たちが生きているうちに変わることはありません。


星の一生にしても、何十億年という時間です。


星の世界では、人間の一生なんてほんの一瞬のでぎごとでしかありません。


そんな世界を知ると、人生で悩んでいることが、ほんのちっぽけな出来事でしかないことに気付きます。



posted by コスモターボ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

宇宙を夢見て【2】宇宙の起源

宇宙は、今から137億年前にビッグバンという大爆発から始まったとされています。


そして、最初はいくつかのガスの集まりだったものが、あちこちで、互いの引力によって引き寄せられて、段々と大きな塊となり、いくつもの星が誕生しました。


最初のうちはこの星は輝いていませんでしたが、個々の星が周りのガスを引き寄せさらに大きくなると、その中心部は高温高圧状態となり、やがて核融合反応が起き始めます。


これは、水素原子のような単純な原子同士がくっついてより重い原子に変わる現象です。

このときに莫大なエネルギーが放射されます。

いわゆる水爆というのは、この現象を利用したものです。


ちょっと難しい話しになりましたが、この核融合反応が起こり始めると星は輝き始めます。

そして、こうしてできたいくつかの星は互いの引力で引かれ合い星雲を形成します。


まるで家族のようですね。

〈続く〉



posted by コスモターボ at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

宇宙を夢見て【1】ふたご座流星群

本日からは、宇宙をテーマに書いてみようと思います。

子供との会話のネタにでもなれば幸いです。

1回目は、ちょうど本日前後が観測の極大日となる「ふたご座流星群」を取り上げます。


流星群というのは、主に彗星の軌道上を地球が通過するときに彗星が残したガスやチリなどの成分が地球の大気に触れて燃え尽きる現象です。

ただし、ふたご座流星群の場合は、彗星ではなく小惑星(フェアトン)の軌道上を地球が通過する際に発生する現象です。


フェアトンは、かつては彗星だったものが太陽の周りを公転するうちに周りを取り囲んでいたガスやチリなどを放射し尽くしてしまった天体です。


そのときに放射された成分の中を地球が通過するときに見られる現象がふたご座流星群です。


今晩は、そんなことを話しながら親子で空を見上げてはいかがでしょうか?


posted by コスモターボ at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

子供に夢を持たせよう!【5】子供の年代に合ったプレゼントを贈る

子供にとってプレゼントは、とても楽しみなものです。


誕生日やクリスマスに子供の成長に合わせて、もっとも適したプレゼントを贈りましょう。


もちろん、子供からリクエストがある場合もあるでしょう。


しかし、必ずしも子供のリクエストに応える必要はありません。


例えば、ゲーム機が欲しいとした場合、ゲーム機と一緒に学習ゲームを買います。


ちょっと負担が増えますが、子供の将来を考えたら安いものです。

つまり、ゲーム機で遊ぶ最初のソフトが学習ゲームというわけです。

私の場合は、パソコン用の学習ゲームソフトを買い与えました。


年齢的には、ちょっと背伸びをする程度のものが良いでしょう。


学習ゲームは、良くできていて、ゲームを楽しんでいるうちに計算力がアップしたり、英単語が覚えられたりします。


また、小学5年生ぐらいになったらキータイピングソフトもお勧めです。


遊んでいるうちにキータイピングを覚えられます。


私の場合、最初のうちは子供より速くタイピングできましたが、しばらくすると子供に全く太刀打ちできなくなりました。


それほど、子供の成長は速いですし、適切な学習ゲームソフトを与えれば、予想もつかないような伸びを示します。


このようなプレゼントの一つ一つが、子供へのメッセージとなります。


もしかしたら、学習ゲームを通して子供が一生をかけて取り組める何かを見つけるかもしれません。

例えば、ニンテンドーDS用のソフトならば


きかんしゃトーマス DSではじめる知育学習(特典無し)

または、
学研 えいご三昧DS

などなどDS用のゲームだけでも結構あります。
ここに紹介したのはほんの一部だけです。

また、TVゲームではありませんが、カードゲームで
頭のよくなるゲームアルゴ

というものもあります。

やはり、遊んでいるうちに頭が良くなるというのが、いいですね。



posted by コスモターボ at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

子供に夢を持たせよう!【4】自分の経験を話して聞かせる

私の父は、戦争経験者です。

私が子供の頃、戦争の話を聞きました。

満州へ赴任して戦ったそうですが、途中で病気と疲労で目が見えなくなり、帰って来たそうです。


そういう大きな経験でなくても、私たち親は、今までの人生の中でいろいろな経験をしています。


そんな自分の経験や体験したことを子供に話して聞かせましょう。

作り話と違って実際に体験したことというのは、重みがあります。

特に危険な目に会いながらも救われた経験などがあれば、興味深く聞いてもらえるでしょう。


人の体験したことを聞くことは、自分が同じことを疑似体験したような気持ちになります。

うれしいこと、悲しかったこと、いろいろな話を 聞くことで、感情豊かな人間になります。


そんななかから人を思いやる気持ちも生まれてきます。


また、自分の子供の頃の夢を話して聞かせることも大切です。


そして、「その夢のためにどんな努力をして、結果がどうだったのか?」というようなことを話してあげましょう。


以前、「プレゼンテーション学習法として、子供に家族の前で発表をさせる。」というお話をしたことがありますが、たまには、親も自分の経験を発表するといいと思います。


子供も自分の話を聞いてくれた後ならば、きっと一生懸命聞いてくれることでしょう。



posted by コスモターボ at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

子供に夢を持たせよう!【3】なるべくいろいろな体験をさせる

子供は、自分にどんな可能性があるか?
どんなことに興味があるかを良くわかっていません。

そこで、親は子供にいろいろな体験をさせてあげましょう。

水族館、動物園、フィールドアスレチック、キャンプ、スポーツ少年団、いろいろな体験から自分にあったもの、自分が打ち込めるものを見つけるための機会を与えましょう。


昨日、わずか18歳で最年少賞金王に輝いた石川遼君も、ゴルフという自分が一番打ち込めるものを早くから見つけそれに全力を注いできたために成し遂げられた偉業だと思います。

あなたの子供が、第2、第3の石川遼やイチローになる可能性もあるわけです。


子供の可能性は、無限大ですが、その芽を育てるのも、潰すのも親次第です。


ただし、気を付けなけれいけないのは、親の思いを子供にぶつけるのではなく、子供からやりたいというのを待つことです。


お仕着せの習い事は、自分からやる気にならない限り、子供にとっては苦痛です。

私の娘もいろいろ体験させましたが、結局どれも合わなかったようです。

娘が習っていたのは、ピアノ、水泳、英語、キッドビクス(子供のエアロビクス)、体操、学習塾などです。

時期にもよりますが、1週間のほとんどが習い事で埋まっていた時期もありました。


これも、親の思いが強すぎた結果かもしれません。


この中で娘が本当にやりたいと思って通っていたものがどれだけあったかは疑問です。


もしも、自分一人だったら、こんなにいろいろ習わせることはなかったと思います。


ただし、自分がいやでも、水泳などはいざというときに役に立ちますから、最低限泳げるということは、命を守ることに繋がります。


私自身は習い事といえば、ソロバン塾しか行ったことがありません。

それも、芽が出ずに途中で辞めました。


子供の頃好きだったのは、ラジオなどを拾ってきて分解することぐらいでした。


結局、それが今の仕事に繋がっています。



posted by コスモターボ at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

子供に夢を持たせよう!【2】子供と一緒に散歩する!

子供が幼稚園に入学する頃から小学校低学年ぐらいまでは、なるべく一緒に近所を散歩しましょう。

いくら都会に住んでいても、公園に行けば、花もありますし、蟻などの生き物もいます。

少しでも、自然の生き物や草花を見せてあげましょう。

郊外に住んでいる方ならさらに自然は近くにあると思います。

季節によって変わっていく花の色、山の景色、空の色、雲の形、すべてが子供にとっては常に新鮮なんです。

できれば、ボケット図鑑を持ち歩き、子供と一緒に花の名前や昆虫などの生き物の名前を調べるようにしましょう。


また、地元の商店街や町工場、近所に住んでいる人々、いろいろ世界がそこにはあるはずです。

自分でも気づかなかった変化が起きているかもしれません。


もちろん、近所の方にあったら挨拶をして、自分だけでなく子供のことも覚えてもらいましょう。


子供は、親の行動を見ています。

間違っても、信号無視をしたり、危険な行動をとったりしてはいけません。


常に親は、子供の見本となることを覚えていなければいけません。

親が(交通)ルールを無視したら、子供が悪いことをしても、叱れなくなってしまいます。

または、叱っても説得力がなくなってしまいます。


つまり、散歩を通じて自然の素晴らしさと、社会のルールを教えていると思ってください。

直接言葉で教えるのではなく、実体験を通して教えるのです。



posted by コスモターボ at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

子供に夢を持たせよう!【1】本を読む習慣をつける

本日からは、前回列記した子供が目標(夢)を持つための方法を具体的に解説していこうと思います。

1.子供の目に付きやすいところに本を置く

これは、「本を読む習慣をつける」ための具体的な方法です。

子供にいきなり本を読みなさいと言っても、なかなか読みません。
それよりも、子供が本を読みたいと思った時にいつでも読める場所に本を置いておくのです。

実は、これは勤勉なユダヤ人が実践している方法なんです。

ユダヤ人の教育レベルは非常に高く、ノーベル賞受賞者を何人も輩出しています。



ただし、その前に実践する必要があるのは、子供が自分で本が読めるようになるまでに、しっかりと読み聞かせを行うことです。

毎日1冊でもいいので絵本などの読み聞かせを行ってください。

この習慣が、先々自分で本を読む習慣に繋がります。


あとは、子供の年齢に合わせて、いろいろ本を揃えていってください。


それから、小学校に入ったら、家族の会話の中で自分が過去に読んだ本の話をしてあげましょう。


すると子供も段々と本の魅力を感じてきます。


そして、子供が本を読むようになったら、その感想を聞いてみましょう。

「面白かった」しか言わない子もいるでしょうか、中には読んだ内容を得意気に話してくれるかもしれません。

子供は、いつでも自分が主役になりたいと思っているので、親が真剣に話を聞いてくれれば、いろいろと話してくれることでしょう。



posted by コスモターボ at 08:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

目標を持つということ

子供には、夢を与えるべきとお話ししましたが、親は子供が具体的な夢を持つことができるように親は手助けをするべきです。

そして、その夢を具体的にしようと努力することが、目標を持つということになります。

目標が定まった子供の精神力は強いです。
それは、イチロー選手などの例を挙げるまでもないでしょう。

そして、具体的に子供が夢や目標を持つための心がけを書いてみます。

1.子供の目に触れやすいようなところに本を置く

 子供が読む本ばかりを揃えるのではなく、お父さんやお母さんが読んでいる本も一緒に置きましょう。
 (子供に見られたくない本は入れなくていいですが・・・)


2.子供と一緒に散歩する

 小学校低学年までは、できるだけ一緒に近所を散歩しましょう。
 自分たちの住んでいる地域にどんな産業があって、自分たちの暮らしにどのように影響しているか?
 季節ごとにどんな花が咲き、景色がどのように変わっていくか?

3.なるべくいろいろな体験をさせる

 親が当たり前と思っていることも、子供にとってはとても新鮮に見えることがあります。
 一度行ったところでも、機会があれば何度でも連れて行きましょう。


4.自分の経験を話して聞かせる

 自分が今までに経験した楽しかった思い出やできことを子供に話して聞かせましょう。

5.子供の年代に合ったプレゼントを贈る
 誕生日やクリスマスなど機会を見つけて子供の年代に合ったもの、伸びて欲しい方向に合ったプレゼントを贈りましょう。
 (親からのメッセージとして・・・)


posted by コスモターボ at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

夢を持ち続けること

日本では、科学技術予算が削られたものの、世界的に科学技術は、どんどん進んでいます。

最近のニュースで、火星のクレーターにミシガン湖(5万7千平方m)ぐらいの湖があった痕跡が見つかったそうです。

これは、NASAの火星探査機マーズ・リコナイサンス・オービタ(MRO)から送られて来た映像を解析してわかったそうです。

詳細記事:
火星のクレーターに湖、鉱物から確認


昔から、火星には運河があったという学説はありましたが、火星に水があったということが証明されようとしています。


私は、今でもこういうニュースを聞くとワクワクします。


まだ、有人での火星旅行はできませんが、リモコン操作の探査機は、火星など他の惑星に行っているのです。

以前、火星探査機「パスファインダーが火星に送られたときは、インターネットでその配信画像を見ることができました。

きっと今回の探査機もそんなサービスがあると思います。

地球上から、リアルな火星の映像が見られるのわけですから本当に夢のようですね。


マーズ・リコナイサンス・オービタの公式サイトはこちらです。
Mars Reconnaissance Orbiter(英語版)

火星・赤い星へ(日本語版:更新が古い)

前回のような仮想体験コーナーはなさそうです。



日本も、今年の始め頃まで月探査機「かぐや」からの月面のハイビジョン映像を送っていましたので、見られた方も多いと思います。

このような宇宙開発は、子供にとても大きな夢を与えることができます。


子供の頃、宇宙飛行士を夢見た方もいるでしょう。


そして、その夢を実現された日本人も何人かいるわけです。

子供に勉強しなさいと言う前に子供に夢を持たせてあげて下さい。

そうすれは、その夢を実現するために自分から勉強するようになります。


これが、モチベーションなんです。



posted by コスモターボ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

科学技術予算削減で夢と希望も削減

新政権の予算発表で、科学技術開発の予算が大幅に削られることになり、様々な意見が飛びかっています。

関連記事
ノーベル賞受賞者の批判に首相「会って話聞きたい」


今回の予算で削られたものに「世界最高速のスーパーコンピューター開発」と「宇宙開発」があります。


確かに世界一速いコンピューターを作る必要はないかもしれませんが、様々な可能性を追求して新しいものを生み出すというのは、技術者の夢です。

そして、宇宙にもう一つの家を持つ、宇宙ステーション開発計画は、その名前が「きほう」であるように日本人の希望の塊です。

「人間は常に進化する動物である。」

人類は他の動物よりも大きな脳を持ち、常に創意工夫を行うことで、今の文明を作り出しました。

そこには、常に夢と希望がありました。

電球の発明は、夜でも明るい生活をもたらし、見上げることしかできなかった宇宙に家を作ることもできました。

すべては、一人一人の夢と希望が実を結んでなし遂げたものです。

そんな夢と希望を予算削減という形で削ってしまって良いものでしょうか?

この予算案が、子供の将来から夢を奪う物でないことを願います。

-----------------------CM-----------------------


posted by コスモターボ at 09:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

キッザニアを通して学べること

先日ご紹介したキッザニアですが、子供たちにとってどんな価値があるのでしょう?

1.なりたい職業を体験できる
2.働く喜びと辛さを経験できる
3.大人を尊敬できるようになる
4.お金の価値を知ることができる

他にもいろいろあるかも知れません。

このキッザニアは、新規の来場者よりリピーターが多いそうです。
それは、施設内には80種類もの職業体験ができるため、1日ではすべての職業を体験できないことも理由だと思いますが、子供には大人になりたい願望があり、その心をある程度満たしてくれるためではないかと思います。

もちろん、職業体験によって得られたお金(キッゾ)を貯めて自分の欲しいものを買いたいという願望もあると思います。

ただし、このキッゾは、実社会と比べるとレートが低いので、PS3のようなゲーム機を買うことは難しいでしょう。

むしろ、キッザニア内でサービスを受けたり、お菓子を買うことが主になると思います。

キッザニアでの職業体験は、子供にとって大切なことを学べます。

それは、あこがれの職業でも、体験してみると意外と大変であることに気づくことです。

例えば、携帯ショップの販売員になったとします。

見た目は、携帯電話を売っているだけのようですが、新機種の操作方法を覚えたり、新しい料金プランを説明したりといろいろ知識を要求されます。

もしかしたら、1日立っているだけで疲れてしまう子供もいるかも知れません。

こういった体験を通して、その職業に対する理解が深まり、大人への尊敬の心が芽生えることでしょう。

-----------------------CM-----------------------
↓ランキングにご協力願います。

banner2.gif

にほんブログ村 教育ブログへ



posted by コスモターボ at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

子供が職業体験できるキッザニア

キッザニア」という言葉を聞いたことがありますか?

キッザニアは、子供が大人の職業を体験できる施設なんです。

キッザニアは、東京と大阪の2箇所にあります。

子供に将来の夢を聞くと「パイロット」、「キャビンアテンダント」、「消防士」、「お医者さん」、「看護士」などいろいろな職業ができてますね。

しかし、実際にその夢を実現できるのは、ほんの一握りの子供だけです。

ところが、「キッザニア」では、まさにその場でなりたい職業を体験することができるんです。

パイロットになって飛行機を操縦したり、消防士になって火を消したりということができます。

そして、リアルなのはここで仕事を体験するとキッゾと呼ばれるお金がもらえます。

そして、このキッゾを使って「キッザニア」内のお店でお買い物ができるんです。
もちろん、売店の売り子も子供です。

また、キャッシュカードもあります。
キッザニアの銀行にキッゾを預金しておいて、次回来場したときにキャッシュカードを使って預金を引き出すことができます。

まさに大人の社会そのものがキッザニアという一つの国の中に再現されているわけです。

各職業を体験する場合は、大人の指導員が丁寧に教えてくれますので全く初めてでも安心して参加できます。
デズニーランドやUSJばかりではなく、このような施設もちょっと変わっていて楽しいですよね。

残念ながら私は行ったことがありませんが、子供の時にあったらぜひ行ってみたかったと思います。

あなたもお子様と一緒に出かけてみてはいかがですか?

キッザニア東京
東京都江東区豊洲2-4-9 アーバンドック ららぽーと豊洲 NORTH PORT3階

キッザニア甲子園
兵庫県西宮市甲子園八番町1-100 ららぽーと甲子園

キッザニアガイドブック


-----------------------CM-----------------------

↓ランキングにご協力願います。

banner2.gif

にほんブログ村 教育ブログへ









posted by コスモターボ at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

光のオブジェ【タワーズライツ2009より】

ST320481.jpgST320480.jpgST320478.jpg
先日、撮影できなかった、「タワーズライツ2009」から「光のオブジェ」をご紹介します。

今年は地デジの普及に向けて、地元の各テレビ局が光のオブジェを作って展示していました。

NHKならどーも君、中京テレビならズーミン、メーテレならウルフィ、テレビ愛知ならといろちゃんなどです。
写真のようにそのテレビ局の人気キャラクター(クレヨンしんちゃん)もありました。


実は、テレビ愛知の「といろちゃん」は初めて知りました。

このように「タワーズライツ2009」は、大人から子供まで楽しめますので、お近くの方はぜひおでかけください。

-----------------------CM-----------------------

↓ランキングにご協力願います。

banner2.gif

にほんブログ村 教育ブログへ
posted by コスモターボ at 05:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

家族で楽しみたいタワーズライツ2009

今年も名古屋セントラルタワーズでイルミネーションの点灯が始まりました。

今年のテーマは、今年のテーマは「夢の散歩道〜四季の語らいをゆかいな仲間とともに〜」だそうです。

イルミネーションがおりなす四季の移り変わりをできれば家族でぜひお楽しみください。

タワーズライツは、この大壁画だけでなく、2階に展示される光のオブジェが見ものです。

家族や恋人と訪れた際は、こちらもお見逃しなく。
(今回は撮影できませんでした。)




-----------------------CM-----------------------

↓ランキングにご協力願います。

banner2.gif

にほんブログ村 教育ブログへ




posted by コスモターボ at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

遺伝子1個が人間とチンパンジーの言語能力の分かれ目

チンパンジーの知能の高さはいろいろ実験で実証されています。

実際、瞬間記憶能力のような部分に関しては、チンパンジーに負ける場合もあります。

これは、以前このブログでもご紹介したように取捨選択により失われていく能力に該当します。

逆に言語能力に関しては、チンパンジーと人間では大きく異なります。

言葉の種類はいろいろありますが、それぞれが文法に基づき高度なコミュニケーションができるように構成されています。

しかし、チンパンジー同士では、そのような高度な会話は行われず、身振り手振りだけでコミュニケーションが行われているだけです。

最近発表されたニュースによると、この人間とチンパンジーの言語能力の差に影響するのは、わずか1個の遺伝子(アミノ酸2個分)であることがわかったそうです。

参照記事はこちら

映画「猿の惑星」では猿が言葉を話しますが、遺伝子1個分の場合、何らかの遺伝子異常でチンパンジーに言語能力が備わる可能性は、ゼロではないでしょう。

近い将来、人間とチンパンジーが言葉を交わす時代が来るかも知れません。

-----------------------CM-----------------------

↓ランキングにご協力願います。

banner2.gif

にほんブログ村 教育ブログへ


posted by コスモターボ at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

スーパー高校生が作った「世界にひとつだけの花」

日曜日にテレビで「世界遺産を救うスーパー高校生」というようなタイトルで、京都府立桂高校のスーパー高校生を紹介していました。

最近の高校生は、大人顔負けの力を持っていますね。


日本で最も稼いでいて、世界的に有名なスーパー高校生と言えば、石川遼君ですが、この桂高校の生徒は、アジサイを品種改良して世界最小のアジサイを作ってしまったのです。

正に「世界にひとつだけの花」ですね。

アジサイの種は非常に小さくて品種改良のためには繊細な神経が必要で、世界的にはあまり品種改良が行われていないようです。

そんなアジサイの品種改良を日本の高校生が行ってしまったわけです。


桂高校には、大学と同じようなゼミがあり、生徒が希望すれば、ゼミの先生と一緒に研究活動を行うことができます。


「世界にひとつだけの花」を作ったのは、片山ゼミという片山先生が率いる15名の生徒たちです。

そして、今回片山ゼミが取り組んだのは、奈良にある世界遺産の一つ、奈良公園の若草山に芝生を復活させるというプロジェクトでした。

若草山の芝生は、純国産の芝で、何千年も前から生息していますが、最近、観光客の増加で、芝が観光客に踏まれるうちに枯れてしまったのです。

そこで、人工的に芝を発芽させて、この公園に敷き詰めようというわけです。


しかし、この芝の種子は固い殻に覆われており、種を植えただけでは発芽しないのです。

この問題に対して生徒たちが、思い思いの発想力で問題解決をする様子を放送していました。


高校生の頃から創意工夫を巡らして問題解決することは、将来大きな力となることでしょう。

番組では、この芝を発芽させる方法と踏まれても枯れない仕組みを考えるところを放送していました。

スーパー高校生が起こす第2の奇跡となるかも知れません。

-----------------------CM-----------------------

↓ランキングにご協力願います。

banner2.gif

にほんブログ村 教育ブログへ
posted by コスモターボ at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

【いのちの学習】ご先祖様

あなたの家に仏壇はありますか?

私の家にも仏壇はありません。

しかし、私が育った家には、仏壇があり、毎日線香をあげたり、ご飯を供えたりしていました。


仏壇があるだけで、子供は、いろいろな疑問を投げかけてきます。

どうして毎日お供えするの?

どうしてお供えしたご飯は減らないの?

鐘を鳴らすとどうなるの?

そんな疑問に親が答えているうちに仏壇の意味やご先祖様についてぼんやりと理解をしていきます。

「仏様は、ご飯をほんの少ししか食べないからいくら大勢のご先祖様がいても、仏壇のご飯がなくなることはない。」

「鐘を鳴らすとご先祖が一斉に集まって来る。」

など、目に見えなくてもご先祖は、身近にいて、自分と繋がっていると感じることができます。

しかし、仏壇のない家庭では、年に数回しかご先祖様に手を合わせる機会はなく、子供がご先祖様を意識する機会は、非常に少なくなっています。

ご先祖は、10世代戻るだけで、千人以上となります。

自分が生まれるまでに多くのご先祖様がいることを機会を見つけて子供に伝えてあげましょう。


例え、天涯孤独の身となっても、常にご先祖様は近くにいます。

-----------------------CM-----------------------
↓ランキングにご協力願います。

banner2.gif

にほんブログ村 教育ブログへ
posted by コスモターボ at 08:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

【いのちの学習16】あなたの使命は?

あなたは、生きることについて考えたことはありますか?

もしかしたら、死を考えたことはあっても、生きることについて真剣に考えたことはないかもしれません。

昔、ある勉強会で「人の命は、使命の命であり、人それぞれに与えられた使命がある。」と学びました。

この世に生まれた以上、必ず自分に与えられた使命があります。

それが何であるかは、自分で見つけるしかありません。

政治家は、政治を司ることが使命であり、大工さんは、家を建てることが使命です。

そうやって、人のために尽くし、人に幸せを与えることで、社会に貢献します。

主婦は、家族のために家事をすることで、家族の健康を保ち、幸せな家庭を作ることが使命なのかも知れません。

また、私のように情報発信をすることで、読者に夢を与えたり、自分を見つめ直す機会を与えることもまた、使命だと思います。

もっとも、多くの人にとっては価値がない情報かも知れませんが、例え一人でも、「ありがとう、役に立ったよ。」と言っていただければ、それだけで満足です。

これからは、今までのペースで記事の更新ができなくなるかも知れませんが、私の使命の一つとして記事の更新を続けていきたいと思います。


-----------------------CM-----------------------

↓ランキングにご協力願います。

banner2.gif

にほんブログ村 教育ブログへ
posted by コスモターボ at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。