2011年03月24日

安全な水を安定して手に入れる方法

昨日は、東京都葛飾区の浄水場で乳児の接収制限値を越える放射性物質が発見され、首都圏内の水を乳児に飲ませないようにという指示が出ました。

また、本日は松戸市の浄水場で乳児基準を上回る放射性物質が検出され報道されました。

参考記事
松戸市の2浄水場から乳児基準上回る放射性物質 金町は基準以下に

その結果として、首都圏近郊のスーパーやコンビニでミネラルウォーターなどのペットボトルが売り切れ状態になりました。

しかし、今後安定して水を購入することができるかどうかは不安が残るところです。

特に乳児をお持ちのご家庭では、非常に不安を抱いていることと思います。

そこで、今後も安定して安心して飲める水を手に入れる方法を紹介します。

それは、ウォーターサーバを設置することなんです。

ウォーターサーバ―については、以前このブログで比較記事を書いていますので参考にしていただけるといいと思います。

子供においしくて安心できる飲める水をたっぷり飲ませましょう

例えば、健康水.comでは、1本あたり1,690円(12リットル)から購入できます。
そして、毎月安定しておいしい天然水を供給してもらえるわけです。

天然水を選ぶときに放射性物質を気にする場合は、東北からなるべく離れたところの天然水を選択するといいですね。


健康水.com 

ウォーターサーバーを使用するとボタンを押すだけで冷水または温水をいつでも取り出すことができます。

これなら、子供が水を飲みたいと言ってもいつでも対応できますし、水も安心して飲めますね。
水を選定するときに天然水以外を選ぶと水道水を濾過して作った蒸留水となります。
これは、基本的に放射性物質を除去出来ない可能性があります。
(放射性物質を含んだ水道水を使用して水を作った場合)

今後、スーパーで水を買うために並ぶ代わりにウォーターサーバーを契約することが近道だと思います。


ちなみにすでにウォーターサーバーを扱っている会社には注文がかなり入っているようです。
一部で新規の取引を中断している会社もあるようですのでご注意ください。

誰も考えることは同じようです。


posted by コスモターボ at 16:54| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。