2010年05月16日

リビアの航空機事故で唯一救出された少年、オランダに帰国

めったに起きないから奇跡と呼ぶ!
たったそれだけの言葉で片付けていいものだろうか?

5月12日リビアのトリポリ国際空港で起きた航空機墜落事故が発生し、乗客乗員103名が死亡した事故で奇跡的に生き残った少年ルーベン君(9歳)が無事にオランダに帰国した」というニュースが流れました。

よく、ドラマやアニメで航空機事故で一人だけが生き残るというお話がありますが、まさに現実に発生し、この少年の運の強さを感じました。

しかし、それだけで片付けていいものかと思います。

自分は神に生かされている、と感じることが人生で何度か経験することがあります。
私も大きな怪我を負いそうなところを大したことなく済ませることができた経験があります。

きっとあなたにも小さなことまで含めれば何回かあるのではないでしょうか?

高いところから落ちたのに偶然、大きな怪我を負わずにすんだとか、病の縁から奇跡的に生還したという人は意外と多くいるものです。

そんな時に自分が運が良かったからと片付けるのではなく、自分は神に生かされていると感じることができる人間になりたいと思います。

この少年もまさに神に生かされている少年だと思います。
彼の両親と兄はこの事故で亡くなってしまいましたが、その家族の分まで精一杯生きて欲しいと願います。

そして、彼を生かしてくれた神に感謝し、何らかの形で恩返しをして欲しいと願います。



ラベル:奇跡
posted by コスモターボ at 19:53| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。