2010年01月25日

子供に残したい言葉【思いやり】

自分の痛みはわかっても、なかなか人の痛みはわかりません。

実際に傷つけなくても言葉で相手を傷つけてしまう場合があります。

行動する前に相手の気持ちになって行動したり、言葉を考えたりすることを「思いやり」といいます。

私もなかなか実行できませんが、できるだけ相手の気持ちを考えて行動したいものです。

私の場合、アスペルガーと言われたこともありますので、特に思いやりの気持ちに欠けているかもしれません。

そんな私でもできる「思いやり」の実践を見つけました。

それは、ハイチの大地震で困っている人々への寄付です。
といっても実際にお金はいりません。

ハイチでは、10万人以上の人が亡くなり、さらに多くに人が家を失いました。

この方々に募金を届けるには、あなたが、twitterで一言「つぶやく」だけでいいのです。

2日目にもう1回つぶやけば2円目の募金ができます。
つまり、1日1回つぶやくごとに1円ずつ募金ができるのです。

このためにあなたが失うものは何もありません。
強いていえば、1回につぶやくのに必要なわずかな時間(20秒程度)だけです。

例え1回だけでもいいです。
あなたの思いやりをハイチの方に届けてあげてください。

詳細は、下記のサイトをご確認ください。
Twitterでつぶやくだけで募金 ハイチ地震支援で(ITメディアニュース>

<つぶやき募金特設サイト>

ここで「つぶやく」にはtwitterに参加する必要があります。

twitterというのは、小さなブログみたいなもので、わずか140文字分だけつぶやくことができるサービスです。

このつぶやきはあなたをフォローしている人しか見ることはできませんが、あなたが「つぶやいて」いるうちに少しずつあなたをフォローしてくれる人は増えてくると思います。

あなたも積極的にいろいろな人をフォローしていくといいようです。


私はcosmoturboで登録しています。

フォローしていただける方は、こちら
からお願いします。


――――――――――――――
↓ランキングにご協力願います。
banner2.gif
タグ:思いやり
posted by コスモターボ at 00:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。