2009年09月26日

近時記憶と遠隔記憶

本日は、記憶のお話です。

脳には、記憶に関していくつかの役割が決まっています。

一時記憶:情報を1分〜2分間だけ記憶
近時記憶:情報を2日〜3日記憶
遠隔記憶:基本的に死ぬまで記憶

この中で一時記憶は、「ワーキングメモリー」とか「心の黒板」と呼ばれ、瞬時に情報を記憶し、新しい情報が入ってくると前の情報を消して、新しい情報に瞬時に置き換えます。
動作は速いのですが、覚えられる数は、7個ぐらいまでと非常に少ないです。

そして、近時記憶は、一時記憶よりは容量が大きくなりますが、せいぜい一昨日の晩ごはん(?)ぐらいまでしか覚えられません。

遠隔記憶は、大脳新皮質というとても大きな容量を持った部分に記憶されます。
しかも、遠隔記憶に記憶されたものは、なかなか忘れません。
ただし、必要なときに思い出せるかどうかは別問題です。
(このことはいずれお話します)

よく、老人が昨日の晩ごはんに何を食べたかは思い出せないのに、何十年も前のことは覚えているということがありますが、これは正に遠隔記憶によるものなんです。

では、暗記したい内容を遠隔記憶に覚えさせるにはどうしたらいいのでしょう?

その答えが、以前お話した寝る30分前の活用となります。

つまり、人間の脳は、寝ている間に情報を整理して、近時記憶の情報を遠隔記憶に格納しているわけです。
しかし、近時記憶もそれほど容量があるわけではないので、古い情報や必要のない情報は忘れていってしまいます。

そのため、寝る直前に記憶した情報は新鮮なので、遠隔記憶に記憶される可能性が高くなります。

あなたもこの脳の特性を利用して、記憶力を高めましょう。
また、お子様にも教えてあげましょう。

--------------------------------------------------
現在、無料配布中
宮口式記憶術で記憶力を高め東大を目指す!


↓ランキングにご協力願います。

banner2.gif

にほんブログ村 教育ブログへ




posted by コスモターボ at 02:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

激安屋はブランド コピーのネット通販最安値が探せるサイトです。
ブランドコピー激安価額での商品の提供を行い、スーパーコピー専門の販売ショップです。
ご安心してお買い物をお楽しみください。
Posted by ロレックススーパーコピー at 2013年05月30日 11:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128866366
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック